子育てを頑張っている主婦の奮闘日記

ミュウミュウのブランドが好きな私の子育て奮闘日記を書いてみました。

あなたのお勧め記事

ミュウミュウに癒されながら子育てを頑張る

ブランドであるミュウミュウが好きな私の子育てを紹介します。

子育てって難しいような気がするんですが、何かコツとかあればお伝えしたいと思います。

あと、こういう所を利用すると安くてお得だよ〜とか、ここでミュウミュウを買うといいよ〜とか、そういう情報も発信していきたいと思います。

ただし、ミュウミュウに関しては、紹介してしまって人が殺到してしまうと困るので定期的に更新したり削除したりしたいと思います。

あと、子育ては大変に思うし母親になってみると、思いがけないストレスもあるのでしょう。時には怒らないといけませんし、怒ってばかりでもいけない。

そういうバランスをうまくとる事も大事なんです。

お金についても問題もありますし、母親になったからには日々の子育てと向き合わなければいけません。

私の書いた言葉で少しでも多くの方が楽になれたらなと思っています。

子育てにコツはあるのか?

子育てにもコツはあります。

焦りすぎても完璧を求めすぎてもいけません。

相手は人間で、特に乳児となると言葉も通じません。

だからこそ、成長速度は子供によって違うことを知り、マイペースに現状を把握しながらの子育てが必要だといわれています。

子供は性格も違いますし、生まれ持った能力も違います。

早く歩けたほうがすごいというわけでも早く話せたほうがすごいというわけでもありません。

少しずつ成長を見守ることがとても大切なのです。

また、子育ては楽しむことが大切です。

親の中には子育てを楽しめる人もいれば楽しめない人もいます。

命を預かり育てるということはとても責任が重大です。

睡眠不足もありますし自分自身のことは後回しにして子供に全力を注がなければいけない場面も多いでしょう。

最近は子育てセミナーや育児書、そして研究結果からどのように子育てをすればよいかなどを知ることが出来ます。

しかしすべてを実践する必要はないのです。

子育ては分担し、つらいときは息抜きをして、ストレスを軽減しながらの子育てが子供のためには一番でしょう。

乳幼児教室とは

乳幼児教室は、小学校入学前の幼児のための学習教室のことを言います。

幼稚園や保育園とは違い、乳幼児教室は有名国立大付属小学校や私立小学校受験のために乳幼児教室に入れる人も増えているといわれています。

乳幼児教室に入ることで日常生活スキルやマナー、一般的な受け答えを同月齢の子供よりもしっかりと覚えることが出来るでしょう。

また、最近の乳幼児教室はどんどん発達しておりただの学習だけではなく音楽や音感の指導、運動教育、英語を使った指導など高度なものまで行われています。

乳幼児教室に通うことで子供の潜在能力を引き出しどんどん才能を開花させることが出来るといわれています。

好奇心を刺激するような教材、全脳を活用するカリキュラム、テンポのある楽しいレッスン、そして少人数制のクラス編成により子供を賢く明るく積極的に育てることが出来るといわれています。

その反面、乳児時代から学習をすることは本当に必要なのか、乳幼児にこのような教育は必要なのかという意見もあるので、乳幼児教室に通わせるかどうかは賛否両論があるようです。

ジンボリーとは

ジンボリーとは、0歳から6歳までを対象とした乳幼児教室です。

小学校前の教育として日本では幼稚園か保育園が主流ですが、サンフランシスコやヨーロッパではジンボリーという乳幼児教室が広まっています。

現在では50か国以上で750以上もの教室が展開されており、日本国内でもジンボリーが増えているといわれています。

ジンボリーはただの乳幼児教室ではなく、アメリカの国立研究機関と提携しており幼児発達学、脳科学の最新の研究結果を取り入れながらの教育を行っています。

月齢別の成長発育に大切なポイントを抑えたり、子供がどうしたら喜ぶかを熟知し専門家の指導を受けることで、楽しく画期的なプログラムで子育てを行うことが出来るでしょう。

また、ジンボリーは安全で楽しく、たくさん動き回り遊び探検できるような環境つくりを行っています。

自由度が高く、ジンボリーに設置されている遊具はすべてプレイグランドデザイナーとして活躍しているJay Beckwith氏が作ったものなのでカラフルかつ心から楽しめるものばかりです。

そのためジンボリーに興味を持つ母親が増えています。

ジンボリーのお勧めベビー服

ジンボリーはサンフランシスコ生まれのベビー服や子供服を発売するブランドです。

現在では北米で600店舗以上を展開しています。

日本国内には直営店はないため知らない人も多いでしょうが、アメリカではとても高い人気を誇るベビー服のブランドなのです。

ジンボリーはもともとは0歳から5歳児を対象とした乳幼児教室から始まりましたが、その後教室がどんどん広まり1986年にはアパレルブランドも立ち上げることとなりました。

豊富なラインナップで個性もありかわいらしいため、乳幼児教室のジンボリーだけではなくベビー服のジンボリーとしての知名度も高まっています。

ジンボリーのベビー服でおすすめなのは、やはり女の子用のワンピースでしょう。

ほかブランドでは見たことがないような独特なデザインと柄、そしてデザイン性の高さはとても好評です。

男児向け商品も販売していますが、やはり華やかで彩り豊かな女児物に人気が高まっています。

ジンボリーの商品ランキングでもワンピースが人気上位を占め、着心地が良く絶妙なバランスで成り立っているジンボリーはどこのブランドなのかを聞かれるほどだといわれています。