子育てを頑張っている主婦の奮闘日記

自分の子供には大学院まで行ってほしいと思っているのですが、そう思うのは私だけでしょうか?

あなたのお勧め記事

子供に大学院まで行ってほしい

私が何とか頑張って子供を大学院まで行ってほしいと思っています。
大学院に行くまでには20年以上掛かるわけですが、それまでの子育てや生活は私が持ちこたえたいと思います。もちろん、大学院まで出すには相当なお金が掛かる事は分かりますし、金銭的にも大変だとは思いますが、出来る限り多くの経験を子供には積んで欲しいと思います。

私も大学院に行けなかったので、子供に夢を託すではありませんが、大学院には行ってもらいたいと思います。そう思うと教育ママとかそういうのになってしまいそうですが、自発的に勉強する仕組みづくりなどが出来てくれればいいかなと思うわけです。
ちなみに、東京大学の大学院に行けとは言いませんが、いくつか調べてみてこういう大学に行ってほしいと言うのを調べてみました。子育ての楽しみは自分の子供がどこまで成長出来るかではないかと思っています。

法政大学大学院とは

法政大学大学院は1951年に人文科学研究科と社会科学研究科を設置したのが始まりで、現在では14の研究所に29の専攻と1つのインスティテュートを設置しています。

キャンパスは市ヶ谷と多摩と小金井に所在しています。
2010年度から学費を値下げし、入学時の初年度の納入金額の負担が軽減されたことによって、より学びやすい環境になりました。

他にも奨学金制度や学生研究補助金、学生研究奨励金などさまざまな経済的な支援もあるのが特色でもあります。
法政大学大学院では2011年度から大学院生チューター制度という制度を設けました。

大学院生チューター制度とは、大学院に在籍をしている上級生のチューターが下級生のチューターに助言や指導をするという制度です。

チューターとは大学院生のことを指します。

指導は1回90分で、一年間に10回程度おこなうことが出来ます。
指導手当もあり、大学側から指導したチューターに手当を支払うというシステムになっています。

卒業後の就職率は2012年度で97.4パーセントと非常に高い就職率という実績もあります。

専修大学大学院とは

専修大学大学院では、経済学研究科、法学研究科、文学研究科、経営学研究科、商学研究科の5つの研究科の中から選択をし、学習、研究をしていくことが出来ます。

経済学研究科では教育経験が豊かなベテランの教授によって経済学のほぼ全ての分野の科目を受講することが出来ます。
4つのコースから学びたいコースを選択します。

法学研究科では法学専攻と民事法学専攻、公法学専攻があり自らの研究分野の専門性を高めていくことが出来ます。

文学研究科では日本語日本文学専攻、英語英文文学専攻、哲学専攻、歴史学専攻、地理学専攻、社会学専攻があり、それぞれ単位を修得し試験に合格をすれば修士や博士の学位が授与されます。
経営学研究科の修士課程には経営学コースと情報管理コースの2つのコースがあるのですが、どちらのコースに入学をしても両方のコースの授業を履修出来るような設計がされています。

商学研究科では修学専攻と会計学専攻があり、商学専攻修士課程のカリキュラムはマーケティング、ファイナンス、グローバルビジネス、ビジネスインテリジェンスの4つの科目に分類されています。

会計学専攻では財務会計と管理関係の関連領域の知識を幅広く習得出来るようなカリキュラムが組まれています。

立教大学大学院とは

立教大学大学院は、池袋キャンパスにある文学研究科、経済学研究科、経営学研究科、理学研究科、社会学研究科、法学研究科、キリスト教学研究科と、新座キャンパスにある観光学研究科、コミュニティ福祉学研究科、現代心理学研究科の10の研究科で専門の研究をすることが出来ます。
また、独立研究科といって基礎となる学部を持たない大学院が池袋キャンパスにあり、伝統的な学問分野にとらわれることなく研究をしていくことが出来る場として、ビジネスデザイン研究科と21世紀社会デザイン研究科、異文化コミュニケーション研究科の3つの研究科があります。

それから、もうひとつ池袋キャンパス内に法科大学院という研究科もあります。

立教大学らしく、リベラル・アーツの理念に基いて人にあたたかく教養豊かな法曹を養成することを目的としています。

池袋キャンパス内には立教小学校、立教池袋中学校・高等学校、立教大学、立教大学大学院の他に図書館やチャペル、旧江戸川乱歩邸などさまざまな施設があり、広くのびのびとした敷地内に学びやすい環境が整っているのも特色のひとつです。

大正大学大学院とは

大正大学大学院では仏教学研究科と人間学研究科、文学研究科の3つの研究科の中から選択をして専門的な研究をすることが出来ます。
仏教学研究科では仏教学の全般的なことから思想まで、仏教学・梵文学・天台学・真言学・浄土学の5つのコースにわかれて幅広く研究を行なっていきます。

人間学研究科では社会福祉学専攻と臨床心理学専攻、人間科学専攻、福祉・臨床心理学専攻の4つの専攻から、文学研究科では宗教学専攻と史学専攻、国文学専攻、比較文化専攻の専攻から選択をすることが出来ます。
宗教学専攻では、さらに宗教学と東洋哲学、西洋哲学の3つのコースにわかれています。

募集人員は修士課程が77名、博士後期課程が18名と少人数の募集となります。

どのコースに何人の募集があるのかは、大正大学の公式サイトに詳細が書かれていますので、参考になさって下さい。

大学院の入試試験方法は、修士課程と博士後期課程ともに学科論文と英語と面接によって決定されます。

スカラシップ入試という、教育や福祉・心理臨床、文化振興関係の専門職従事者で、業績や経験などから選考され、入学年度の授業料が免除される制度もあります。